住宅ローンの審査が厳しく見られる理由とは?

住宅ローン

住宅ローンの審査にはどのようなイメージをお持ちですか。

恐らく、多くの方が『審査に通るのが厳しい』と思っていらっしゃるのではないかと思います。

住宅ローンの審査には申込者の収入が確認できる書類が必要ですし、他にもローンがある場合、それの債務額が分かる書類も必要になります。

また、勤続年数や年収、健康状態などさまざまな審査があるだけでなく、審査が通ったとしても土地や建物が担保となることもしばしば。

このような理由から『住宅ローンの審査は厳しい』と感じてしまうのではないかと思います。

他には「住宅ローンに落ちた」と言う方が多いことも、審査が厳しいと印象を抱く原因だと思います。

既に購入する物件を決めて不動産業者に手付金を支払ったのに、ローンの審査が通らなかったとの話しを耳にすることもあります。

 

住宅ローンの審査が厳しく見られる理由

マイカーローンやその他ローンに比べて、住宅ローンの審査が厳しく見られるのは事実です。

それは額が多いことと、借入れ期間が長いこと、他のローンに比べて金利が低いことが理由です。

銀行住宅ローンの審査ポイントはいくつかあります。

特にその中でも重視されているのが「安全性」と「担保価値」です。

安全性とは申し込み人がきちんと返済できるかどうか(返済能力)ということです。

一方、担保価値とはその住宅の価値や、土地の価値が借入れ希望額に見合っているかどうかを審査しています。

本人に問題ないとしても、担保価値が見合っていなかった場合は審査に通りません。

逆に担保価値が問題なくても、本人に問題がある場合も通らない確率が高いと言えます。

もし審査が通らなかった場合は、その理由を考えてみてください。

個人信用情報を取り寄せ、これまでのクレジットカードや公共料金に延滞がなかったかなどを確認することも出来ます。

無理な返済プランをたてているようでしたら、それらを組みなおす必要もあるでしょう。

これらを住宅ローンのコンサルタントや、銀行のファイナンシャルプランナーと相談しながら次の一手を考えていきましょう。

住宅ローンはとにかく借入額が非常に大きいものです。

そのため借りる本人も不安でしょうが、貸す銀行側も慎重にならざるを得ません。

 

最後に

1つの銀行の住宅ローン審査で落ちてしまったとしても、別の銀行で審査をしてみたり、借入額や借入れ期間を夫すれば審査に通ることは決して不可能ではありません。

銀行によって審査方法に違いがあるので、別の銀行で審査をしてみたら通ったという方もたくさんいらっしゃいます。

一度落ちてしまったからと言って、マイホームの夢を諦める必要はありません。

銀行は1社だけではありませんので、気持ちに余裕を持っておくことも大切です。